ジャパンホームのこだわりUNIQUE

こだわり2

耐震性にこだわる

地盤+不動産+住宅を考慮した地盤適合耐震住宅

これまでの住宅の建て方では、建築・不動産・地盤それぞれが業界の壁に遮られ、地震に強い組み合わせを考えた家づくりはされていませんでした。ジャパンホームでは、業界の壁を取り払う住宅革命を実現し、地震災害に強い「地盤+不動産+住宅」が揃った地盤適合耐震住宅を建てることができます。
地盤特性に応じた、耐震性の高い建物は人命と財産を守り、そこに暮らす安心・安全を提供します。

ジャパンホームの工法技術 信頼出来る耐震性x高性能

ジャパンホームはこれまでの建築実績を活かし、お客様のお家に合った適切で信頼出来る工法をご提案いたします。
主に頑強な六面体構造により、高い耐震性に加え、断熱・気密による省エネ性、耐火性などを兼ね備えた「ツーバイフォー工法」、優れた耐震性と自由度の高い空間の両方を実現できる最先端の木構造技術「SE構法」を提案いたします。

基礎構造計算・倒壊解析・ダンパーによる耐震補強

ジャパンホームでは、通常3階建以上の建物にしか義務づけられていない構造計算を、全棟で実施(全棟構造計算)。設計の段階から耐震構造に取り組むなど、お客様の家づくりの「安全、安心、保証」にこだわっています。

すでにお住まいのお家が古くなっていたり、建てたときに十分な耐震補強を行っていなくて、万が一の地震の際が心配という方には、耐震リフォームメニューもご用意しております。
専門家があらゆる角度からお客様のお家を診断し、適切な耐震対策をすることができます。

耐震?制震?免震?

住宅での地震対策には耐震・制震・免震の3つの方法があります

  • ① 耐震

    建物を固くして揺れに耐える方法です。
    壁や柱の位置を1Fと2Fで揃える(直下率)、壁を厚くする(壁量)といった設計方法がメインとなります。リビングを2階に配置するなど、プランや建物形状で検討できます。

  • ② 制震

    ダンパーなど、揺れを制御する部材を使用する方法です。ダンパーは多種多様な形・仕組みがあり、鋼材ダンパーやオイルダンパーなど、種類や大きさなど様々です。
    ジャパンホームでは豊富な経験と知識から、プランと予算で最適なものを選び使用します。ダンパーを使用し制震性を高める工務店は年々増えております。

  • ③ 免震

    免震装置を使い、揺れを吸収します。
    地震に対する工法としては最上級の揺れ削減・吸収効果がありますが、装置・施工費用も高いです。
    東京スカイツリー等大きな建造物では様々な形の免震装置が使用されております。戸建住宅ではまだまだ普及しているとは言えません。

ジャパンホームでは「耐震+制震」での揺れ対策を基本とし、耐震等級3+制震部材を標準仕様としています