ジャパンホームのこだわりUNIQUE

こだわり1

安全な土地・地盤にこだわる

家探しは地盤から!
安心できる暮らしの新常識!

近年多発する大地震や大型台風、豪雨によって、家屋倒壊・地盤沈下・液状化・浸水・土砂崩れなど各地で様々な被害が発生しております。もはや日本国内で安全な場所がないのでは?と思う方も多いでしょう。

しかし、安心してください。実はこのような災害は、地盤を詳しく調べる事で発生を予測することができます。「予測可能=対策可能」なのです!

あなたの大切なマイホームが建つ土地。
地盤の専門会社が運営するジャパンホームでは、独自の地盤調査データとハザードマップを中心に、災害に負けない土地を探すことができます!

生活者アンケート

住宅用の土地を購入する際、
地震時の揺れやすさを調査してほしいと思いますか?

80%以上の方が、自宅の地盤の揺れやすさを知りたいと回答。
地震と地盤への関心の高さが浮き彫りになるとともに、地震に特化した地盤調査の潜在的な需要が存在することが明らかになりました。

これからの土地選びは、「安全・安心」という新しい価値が大切な基準となります。
その情報をお客様にお届けできる唯一のポータルサイトがJIBANGOO(ジバングー)です。

その土地は安全ですか?

人口の約4割が赤(注意エリア)に集中していると言われています

ジバングーでは、地盤調査・液状化リスク・地震による揺れやすさ・浸水リスク・土砂災害リスクをスコア化した「地盤安心スコア」が80点以上の「安全な土地」だけをご紹介しています。ジャパンホームは安全な土地にこだわり、お客様のご希望のエリアからジバングーに掲載されている地盤安心スコア80点以上の「安心して住める土地」をご提案いたします。

さらに、各地域専用のハザードマップ「ジバングー・マップ」対応地域を順次拡大中!

地震による揺れやすさ、浸水の可能性、液状化の可能性マップに加え、公開されている各種の災害予測地図を重ね合わせ、色分けしてわかりやすく表示しています。安全な土地が一目瞭然でわかるので地域に特化した情報で土地探しが可能です。

地震の揺れをきちんと見える化する地震eyeで徹底した地盤調査

万が一の地震時、場所によって揺れやすさが違うのはご存知でしたでしょうか?
現在一般公開されているハザードマップでは、大きな地層のくくりでしか判断できておりません。ピンポイントで調査を行うと、実は10m場所が違うだけでも揺れやすさが大きく異なるケースもあるのです。
本当に地震に強い家づくりをするには、地盤の揺れをきちんと見える化できる微動探査システム「地震eye」で、住宅地盤調査を行う必要があります。
これも地盤の専門会社が運営するジャパンホームならではの手法です。

あらかじめ建物にかかる揺れやすさを予測し、より安全な建物を設計する。
地盤の揺れやすさに充分な耐震性をもたせた住宅の組み合わせが大切なのです。

どうして安全なのか?をきちんと説明

ご希望の土地が見つかったら、地盤調査データの詳細・地形や地質の情報、災害履歴情報、用途地域データなど、40項目以上の地盤・災害・不動産情報を掲載した「地盤カルテ」を発行。
あなたの土地がどんな場所か、丁寧に説明いたします。

マイホームのために知っておくべき大切な情報です。