工法技術STRUCTURE

安心できる家づくり
ジャパンホームの工法技術

お客様が安心して暮らせる家づくりを実現するためには、確かな技術が必要です。
ジャパンホームは地盤から家づくりを考える地盤調査の技術はもちろん、熟練された確かな建築技術を用いてお客様の大切なお家をつくります。
全棟構造計算を行い、高い耐震性のツーバイフォー・SE構法をはじめ、お客様のニーズにあわせた工法をお選びいただけます。

日本の住宅を100%耐震住宅に。

大切な家族と暮らしの安全を守るためには、住宅の耐震化が重要であることは言うまでもありません。しかし、多くの人々が暮らす一般的な二階建て以下の木造住宅の81%が、構造計算を行っていません。「住宅」が、安全な暮らしを守るためには確かな「構造計算」が必要です。ジャパンホームは全棟構造計算を行い、適切な耐震対策を施した住宅を提供します。

「構造計算」って何?

「地震や台風で建物が壊れないようにするために、建物の構造部分に生じる力や変形を数値で計算し、その構造に使用された材料が安全であるか?大きく変形しないか?を確認する作業のこと」です。
ジャパンホームは「地盤特性+構造計算」から、精度の高い耐震設計を行い、地震に強い家をつくります。

2×4 ツーバイフォー工法

2×4住宅は、六面体構造による耐震性、断熱性、気密性などの性能の高さに加え、設計・生産の品質が確保し易く、環境にやさしい木の住まいです。
日本では、まず柱や梁といった“線”で家の骨組みをつくってから、壁や天井をつくっていく軸組工法が主流でした。それに対し、2×4工法では床・壁・天井がはじめから“面”としてつくられ、その面で6面体をつくるように家をカタチづくります。
面構造よって外力を面全体で受け止めることができるので、地震や台風などの災害時には抜群の強さを発揮します。さらに気密性や断熱性など2×4住宅が備えている優れた特長は、この面構造が基本となって実現されています。
そして東日本や熊本など、タイプの違う様々な震災においても建物への地震被害が少なく、耐震性の高さが立証されています。

「ツーバイフォーは地震に強い」
そう言われるには理由があります。

軸組工法
「線」で構成される軸組工法の壁
2×4工法
「面」で構成される2×4工法の壁
ツーバイフォー住宅
ツーバイフォー住宅
(枠組壁工法)

6面体で支えるモノコック構造だから地震に強い

世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造の2×4住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮します。

基本性能に優れた2×4工法

2×4工法は、厳しい規格による品質チェックをパスした材料のみを使用し、合理的でシステマチックな工法によって施工されるため、常に高品質・高性能な仕上がりが可能。耐震性だけでなく様々な性能について優れた品質を実現します。

  • 耐震性

  • 耐火性

  • 耐久性

  • 省エネ性(断熱・気密)

SE構法

優れた耐震性能
自由度の高い空間

両方を兼ね備えた
最先端の木構造技術

SE構法は構造計算を取り入れた設計のもと、高精度集成材とオリジナル金物を採用することで、木造建築でありながら圧倒的な強度を可能にしました。高い構造強度技術は、体育館などの木造大型建築にも数多く採用されています。
この技術を取り入れたSE構法の家は、木質感にあふれ、従来の伝統構法の味わいを残しながらも、大開口部や高天井、自由な間取り、ビルトインガレージなど、多彩で自由な空間創りを実現します。

科学的な数値を裏付けとして開発された、最先端の構造技術です。
<国土交通大臣第68条の26認定>

SE構法の耐震性能が高い理由のひとつ
数値に裏付けられた「構造計算」

素材となる木材や接合する金物が高い強度を持つことは大きな要素ですが、SE構法が地震に強いと言える最大の理由は「構造計算」というシステムにあります。

木造住宅ではあまり聞きれない「構造計算」ですが、ビルやマンションなどの鉄骨造や鉄筋コンクリート造の世界では常識的に行われている手法です。意匠設計士がデザインした設計計画に対して、大きな地震や台風がきても建物が壊れないように、専門の構造設計士が様々な角度から数値的に計算をして、その部材や太さなどを決めていく行為です。

意外に知られていないことですが、この「構造計算」は一般の木造住宅では法律で義務化されていません。つまり、その代りに設計士の勘と経験で建物の安全性を決めていたという事実があります。

大規模木造建築から始まった「SE構法」は、木造住宅といえどもその考えを良しとせずに、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と同様に、数値に裏付けられた「構造計算」を行っています。もちろん、「耐震等級」についても最高等級を取得可能です。これも科学的に耐震性の高さを裏付ける大きな要素となります。

SE構法だから実現できる木の家の空間

  • 広々とした大空間
    広々とした大空間
  • 開放感ある吹き抜け
    開放感ある吹き抜け
  • ビルトインガレージ
    ビルトインガレージ
株式会社NCN

その他にも大きな窓や、ルーフバルコニー、スキップフロア、敷地を最大限に活かす狭小住宅設計などを実現できます。

SE構法は、株式会社エヌ・シー・エヌ(NCN)が開発した、S(Safety)E(Engineering)構法です。ジャパンホームは、NCNとの提携によりSE構法(重量木造ラーメン構法)を提案します。

ジャパンホームはこれら信頼できる2つの工法をメインにご提案させていただいております。
それをカタチにしてくれる確かな「腕」を持つ大工さんと提携し、ご家族の希望を満たしながら木の安らぎを大切にした確かな強い家を造ります。
また、鉄骨造や鉄筋コンクリート造(RC造)などのご要望にも対応させていたきますので、お気軽にご相談下さい。